たそがれ 団塊 熟女のおいろけ@団塊の黄昏世代
いい女って・いい女の条件
もてる女になりましょう


愛の劇場

同窓会でよくある話 【たそがれ 団塊 熟女のおいろけ】

 ある日、フランスで暮らした中学時代の同窓会に参加した詩織は驚愕する。再会した同級生たちは、華やかに着飾り、人生を謳歌し、生き生きとしているように感じて圧倒されてしまう。それに比べて自分はなんて冴えないんだろう…。優雅で溌剌とした幹事役の近内麻子(山下容莉枝)、豪華なアクセサリーを身につけた社長婦人の川島若葉(中村久美)、弁護士としてバリバリ働く松原千波(松本圭未)。なかでもエステサロンを経営している戸川蜜子(斉藤陽子)の美しさは、一同の注目の的となった。そして欠席していた詩織の初恋の相手・早匂和樹(野村宏伸)が有名な科学者になっているという話を聞き、詩織は動揺する。さらに、麻子から早匂に詩織の連絡先を教えてあるからと言われ、詩織の心臓の鼓動は高鳴るのだった・・・。

 これもよくある話よね。40代に差し掛かった女はここであせっちゃうの。(汗..
毎日見ていたら気づかないほんの小さな違いでも,数年立ったら大きな違いになっている。。

愛の劇場

いい女のあらすじ 【たそがれ 団塊 熟女のおいろけ】

いい女 って若い頃目指していたけど,結婚したら もう いつのまにか忘れちゃったね。

 主婦の仕事にはキリがなく、評価も感謝もされない。やって当然、やらなければ文句を言われる日常の中で、詩織は「私は一体何なの?」、「私の人生は本当にこれでよかったの?」という思いを抱いていた。女としての自分を押さえ込んできた詩織が、美しくなる喜び、人から関心をもたれる快感、求められる幸せなど、忘れていたものを次々と見出していくことに…。今まで明るくアットホームな作品が多かった『愛の劇場』枠に一石を投じます。

愛の劇場

愛の劇場 いい女 石野真子 【たそがれ 団塊 熟女のおいろけ】

 いい女 TBS系列で毎週月曜日から金曜日 午後1時から30分間放映されていたメロドラマ。
 はじめの頃は何てこと無いなんて思っていたけれど なんとなく 自分の境遇と比較してしまっている。
 何だか 女は 哀しい。。
 いい女 若い頃は目指していたのに。。。いい女 これからでも遅くないかしら。。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。